会の活動

71件中、41-50件を表示しています。

2012-08-27 <本日開催、定期理事会延期について>
お世話になっております。
一般社団法人沖縄観光の未来を考える会事務局です。

本日開催を予定しておりました「第3回定期理事会」に関して
台風15号接近の為三役、事務局で検討の上延期とさせて頂きます。
また、延期の日程に関して現在検討しております。
日程が決まりましたら、再度ご連絡をさせて頂きます。

2012-08-15 未来会「道路ウォッチャー」進捗状況
お世話になっております。
沖縄観光の未来を考える会事務局でございます。
当会で進めております、未来会「道路ウォッチャー」進捗状況をお伝えします。
現在の状況をMAPにしておりますのでご確認ください。

https://picasaweb.google.com/lh/albumMap?uname=106779703093796762044&aid=5764155977045485793&authkey=Gv1sRgCI736e713urUHw#map

2012-07-25 当会アクション委員会主催「産学連携 意見交換会」を開催いたしました。
本日、7月25日(日)に琉球大学の上地恵龍教授、金城ひろみ准教授と学生をお招きし、「沖縄観光の現状と課題」や「これからの人材育成」などについて意見交換を行いました。

これからの沖縄を支える若者と今後も意見交換を行って行きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

2012-07-20 第2回 那覇市議会議員「観光と地域活性化に関する特別専門委員会」の皆さまと意見交換を実施いたしました
本日、7月20日に那覇市議会議員「観光と地域活性化に関する特別専門委員会」の先生方と意見交換会を実施いたしました。

意見交換内容として
1、当会作成のアクションプラン2020への質問

を軸に、さまざまな視点から意見交換をさせていただきました。

2012-06-01 那覇市議会議員「観光と地域活性化に関する特別専門委員会」の皆さまと意見交換を実施いたしました。
本日、6月1日に那覇市議会議員「観光と地域活性化に関する特別専門委員会」の先生方と意見交換会を実施いたしました。

意見交換をした内容に関しては
1、国内、海外からの受け入れについて
2、クルーズ船の問題について
3、県内、市内の美化に関して
4、通信インフラ整備について

など、さまざまな視点から意見交換をさせていただきました。

2012-05-31 第2回 定期理事会を開催致しました。
本日、第2回定期理事会を開催いたしました。

現在までの、活動実績や収支中間報告など含め様々な内容を報告させていただきました。

また、協議事項と致しまして、今まで様々な意見交換会やワークショップを実施している中で、皆様で集約した内容を実際にアクションとして動かすための「アクション委員会」の設置について協議をいたしました。

無事に承認もされ、本日より4つの委員会活動を行なって参ります。


2012-05-30 沖縄県土木建築部との意見交換会を実施致しました。
1時間と限られた中で、沖縄県土木建築部との意見交換会を実施致しました。
内容として、一括交付金(ソフト)事業での事業内容の説明と
道路植栽に関しての意見交換会

沖縄県が管理している道路(県道と呼ばれる)は「1232KM」
草の伸びるスピードの早い沖縄では、年に2〜3回の除草では、足りないではないかという議論もさせていただきました。

2012-05-03 第4次沖縄県観光振興基本計画について
こんにちは。沖縄観光の未来を考える会事務局です。
先日の当会主催で行なっております「拡大運営会議」内で再度、「第4次沖縄県観光振興基本計画」の読み合わせをし、第5次沖縄県観光振興基本計画がどのように変化したのか、また当会で作成し・提言した「アクションプラン2020」がどのように反映されているかを確認する為に再度、「第4次沖縄観光振興基本計画」をご一読頂ければと思います。

第4次沖縄県観光振興基本計画
http://www.kanko-mirai.com//pdf/okinawakenkankosinkokihonkeikakuH14.05.pdf


2012-04-13 昨日開催「沖縄観光の10年後を考え、実現するワールドカフェ」新聞掲載されました。
昨日開催致しました「沖縄観光の10年後を考え、実現するワールドカフェ」の内容が沖縄タイムスに掲載されました。
皆様、ご一読下さい。

2012-04-12 沖縄観光の未来を考え、実現するワールドカフェを開催致しました。
本日12日に、「沖縄観光の10年後を考え、実現するワールドカフェ」を開催致しました。
当日は、約80名の観光関係者や一般企業の皆様が集まり、当会で作成いたしました「アクションプラン2020」を元により深く議論を進めてまいりました。

また、詳しい結果は何らかの方法を利用し公表させて頂きます。