ビジットおきなわ計画

平成19年度ビジットおきなわ計画の策定について

平成19年2月13日

沖縄県 観光商工部

仲井眞知事の選挙公約に基づき、観光客年間1千万人の誘致を目指し、新たな観光計画「ビジットおきなわ計画」を策定しました。

「ビジットおきなわ計画」は、現行の「沖縄観光振興基本計画」や「沖縄県観光振興計画(沖縄振興計画分野別計画)」のもとで、年間の具体的な誘客行動計画と位置付けています。

仲井眞知事の公約の意図は、1,000万人という高い目標を置き、当面の施策を加速度的に展開していきたいということにあることから、ビジットおきなわ計画は、10年後の1,000万人を見据えた、年度ごとの誘客行動計画として位置づけ、スピード感のある実効性の高いアクションプランとすることを目指しています。

この1年間で、特に重点的に誘客に取り組むマーケットなどを定め、それに基づく目標を設定し、実効的な施策展開を定めています。このような、年間計画を県で策定するのは初めてです。

具体的な誘客施策の展開に当たっては、さらに観光関連業界との連携を密にし、状況の変化に的確に対応しつつ見直しをしながら、より効果の高い事業展開を図っていきたいと考えています。

[平成19年2月13日沖縄県観光商工部より発表された内容を転載しております]